×

女性起業家応援プロジェクトネットワーク「SHIP」

お問い合わせはこちら

本下瑞穂

デザイナー兼教育家本下瑞穂

  • グラフィックデザイナー

PROFILE

2004:京都造形芸術大学 情報デザイン学科 卒業
2016:マナビノミカタ個人事業登録
2017:株式会社コトバノミカタ法人化
2019:第5回LED関西ファイナリスト

ジャンル

講師

PR

「デザインで考える力、伝える力を育む」をミッションに掲げ、文具デザインと教育事業を行う株式会社コトバノミカタの代表取締役を務めるグラフィックデザイナー。デザイン原稿用紙シリーズの「読書感想文が、よく書ける原稿用紙。」「小論文が、よく書ける原稿用紙。」は、通販サイトAmazonで原稿用紙カテゴリーベストセラー1位に。マンガや図形、歌やダンスを取り入れたユニークな教育活動は、作文コンクール入賞者を多数輩出し、多くのマスコミに取り上げられている。現在はアバターを使ったオンライン授業や、漢字の部首をキャラクター化した教育コンテンツの開発に力を入れている。

講演・ワークショップ

【教育機関向け】
作文・読書感想文の書き方講座
漢字キャラクターワークショップ
起業ストーリー講演など

【企業向け】
文章力向上研修
広報力向上研修
商品開発ワークショップなど

ブログ

facebook

仕事について

私は大学でデザインを学び、グラフィックデザイナーとして働いておりました。長男出産後は専業主婦でしたが、教育学者ケン・ロビンソン氏のプレゼン「学校教育は創造性を殺してしまっている」に感動し、事業の立ち上げと商品開発を思い立ちました。 「学ぶ」という英単語studyの語源はラテン語で「熱中する」という意味のstudium。けれども今、学ぶことに熱中している人はどれくらいいるでしょうか。 人はちょっとしたきっかけで自主的に学びます。 就学前の幼児が、好きなヒーローの使う言葉を漢字で書くことができたり、アニメが好きな人が、テレビを見ただけで英語の歌が歌えたり。 自分が本当に興味をもったものには熱中するのです。 私たちは、デザインで考える力、伝える力を育み、SDGs(持続可能な開発目標)の「質の高い教育をみんなに」の達成に貢献したいと考えております。

所在地 兵庫県宝塚市湯本町2-20-103 BASE宝塚内
TEL
URL https://kotobanomikata.jp
個人Facebook https://www.facebook.com/mizuho.honge
ビジネスFacebook https://www.facebook.com/manabinomikata
Blog http://manabinomikata.sblo.jp

お問い合わせはこちら

出品中の商品